昨日のつかの間の青空。


家中の窓を開け放って風を通し

それだけでも気持ちが清々しい。


が、今日はまた朝から雨降り。

寒い一日となりました。

こうやって日一日と秋が深まって行くのでしょうね。


私の足を止めたのは金木犀の香り。

湿度のある中で主張する甘い香りからは

呼び止めるような

声が聞こえてきそうでした。

こちらも、秋の訪れを

早くも知らせてくれます。


そして、またまた大きな台風が渦を巻いて、

日本列島に迫って来ています。

皆さま呉々も気をつけて

お過ごしください。




[PR]
# by nakao-shop | 2018-09-27 18:53

お母さーん。


無事あちらに着いたかな?

お友達や懐かしい方々がたくさん迎えに来てくれて、きっと楽しい再会を果たしていることでしょうね。


こちらは、まだまだ母ロス。

寂しいけれど、墓前に手を

合わせていると、

生きていたとき以上に近くに感じます。


海まで見渡せる見晴らしが良くて、

気持ちがいい墓地だね~。

生前からお墓に入るの楽しみに

していたもんね。


今日はさらりと風も爽やかで、

気持ちがいいよ~!

これから、母を参りに来るのが楽しみに 

なりそうです。


d0171222_16044672.jpg


[PR]
# by nakao-shop | 2018-09-26 15:39
カフェに友人Yちゃんが
遊びに来てくれたらしい。
会えなかったけど、痕跡残して帰られた。

d0171222_15443841.jpg


[PR]
# by nakao-shop | 2018-09-24 15:42

美しい秋晴れの朝。


母が天に召されました。


生前、自分に何かあったときのためにと、

母から一冊のファイルを渡されておりました。

開くと、お通夜、葬儀場の手配、友人に

自分が亡くなったことを知らせるために

連絡先まで書き込んだハガキ、

葬儀に参列していただいた方にお渡しする

おわかれのメッセージカード、

埋葬先まで全て準備されていました。


ファイルを見ながら、改めて母の偉大さを

感じてなんだか泣けてきました。


子供の頃からウロウロと進む道に

いつもあかりを灯してくれていた母。

大人になれば当然、私が母の前に立ってあかりを

灯してあげるものと思っていたけど、

結局、最後までできなかったなぁ。


今日、お通夜から埋葬まで無事終えると、

それまで張っていた緊張の糸が急に切れ始め、

今少し寂しくなって悲しくなって。。。


まだ少々、心を立て直すのに時間が

かかりそうですが、

どんなに悲しくてもお腹は空くし

眠くもなる。こうして私は生きているのだから、

前に進まなければ。


お花が大好きだった母。

たくさんお花をいただき、華やかに送り出すことが

できました。

これまで母を支え、仲良くしていただいた皆様、

本当にありがとうございました。


d0171222_21280043.jpg

24年前、書道をしていた母が描いた文字。

字に現れるように

最後まで強く逞しい母でした。


私を産んでくれてありがとう。

安らかに眠ってください。


[PR]
# by nakao-shop | 2018-09-22 21:22

当たり前ではないいつも通りの日常

食べること

寝ること

仕事

音楽

ともだち

家族

夕暮れ

いつも通りの今日にありがとう。


d0171222_17104558.jpg

今日の山形の空。


[PR]
# by nakao-shop | 2018-09-18 17:07