今日は叔母の誕生日。
お花とケーキを持って叔母の家に届けに…。
出産で帰省中のいとこ。
孫の面倒に毎日てんてこ舞いだけど、
大変そうにしながら幸せそうな叔母の顔を見ると
本当にうれしくなります。
小さいころからずっと支えてくれ、
今でも困った時はいつでも駆けつけてくれる叔母。
母と同じくらい大切な人。

今月17日は母も誕生日を迎え、
最近はだんだん大切な人の老いを感じるようになりながら、
毎年平穏無事に誕生日をお祝いできることが心からうれしい。

まだまだ何もしてやれてないけど、
これからは私が困ったときはいつでも飛んで行ってやりたい!
[PR]
# by nakao-shop | 2011-12-01 05:57
mistletoeのリースがROOMSに入荷しました。
ひとつひとつ飾りつける度うっとり。
きよさんの優しさがそっと添えられた色とりどりのリース
はクリスマスを優しく彩ってくれることでしょう。

早々、お嫁に出てしまっているのでご覧になりたい方は
お早めにお越しください。

d0171222_10581428.jpgd0171222_10584571.jpgd0171222_1059842.jpg
[PR]
# by nakao-shop | 2011-11-28 07:30
とっても天気が良く気持ちがいい!
風は少し強いけど寒さも和らぎポカポカ陽気。
今日は娘の小学校の音楽発表会。

d0171222_10401196.jpg
特に決められた衣装はなかったものの、
この日のために洋服を買わされ、
今朝は念入りに髪型チェック!!
どんな顔で舞台に上がってくるのか楽しみ(笑)

今回は小学校の体育館が震災で使えなくなったため、
中学校の体育館で行いました。
練習も思うようにできず、大変だったようですが、
全員息がぴったりあって、子供たちのかわいい歌声にうっとり!
わが娘も少し緊張していたようですが、頑張って歌ってました。

6年生は小学校生活最後の学校行事。
昨年まで息子と共にサッカーをプレーした後輩達、
大きくなったな~(ジ~ン)
この頃、急に女の子は女性らしく、男の子はたくましく感じますね。

今回の発表会では震災をテーマに子供たちのメッセージ
が込められた曲が多く選曲され、
「亡くなったかたのためにも、しっかり生きて行こう!傷ついた故郷をを取り戻そう!」
と優しい歌声の中から、子供たちの力強い思いを感じ
涙する方もたくさんいらっしゃいました。

今回の震災で子供達も大変な経験をし、
いろいろな思いがあるかと思いますが、
教科書では学ぶことのできない、
普通に生活できることのありがたさや命の大切さを
頭ではなく心で学んだ子供達は、本当にたくましく立派でした。

この子たちに少しでも明るい未来を託すために
我々大人も頑張らないといけませんね!!
[PR]
# by nakao-shop | 2011-11-27 09:27
円通院の紅葉初めて見に行きました。

う~感動(涙)
なんで今まで来なかったのだろう。
鳴子、蔵王、日光…昼間の紅葉は今までいろいろ見ましたが、
夜にライトアップされた紅葉ははじめて!

うつくしすぎます!!

赤、オレンジ、黄色…
夜空一面に広がる色鮮やかな紅葉は
寒さを忘れるほど美しく、しばらく酔いしれてました。


とくに池の水面にうつる紅葉はおもわず
「すご~い!!」と声をあげるほど美しく、
吸い込まれそう。

外では寒い中、ケイナの演奏をしており、
またその音色が紅葉の美しさを引きたててました。

こんなにも美しい風景を目にしながら、
カメラを忘れてしまい写真に収めることができず(泣)
来年も来よう!
イヤ!毎年来よう!!
[PR]
# by nakao-shop | 2011-11-22 22:04
今年も残りわずかですね。
やり残したことはないだろうか考えながら
とりあえず、少しずつ家のなかを整理することに…

片づけベタ2大要因の「捨てベタ」「しまいベタ」
両方当てはまるワタシ。
モノへの思い入れが強いためか
捨てられずなんでも取っておいてしまいます。

よし!ここは境界線を決め2年以上袖を通していないもの
触れていないものは捨てることに!

子供たちに読んであげた絵本、手作りの洋服…これは捨てれない!
なにかと多いのが義父からいただいた旅行先のお土産!
丈が長いワンピース、お魚がたくさん描かれた大きなお皿、
大きな陶板、ピンクの花柄のシャツ、ヤシの実のバック…
2年どころか5年ほど袖も通してなければ、触れてもいない
どうしよう!!そのうちお義父さんうち来るかもしれないし…
ピンクの花柄シャツに至っては嫁三人黄、青と色違いのお揃いで
いただいたとき「お正月に三人揃って着るのが楽しみだ~」っと、言われたものの
未だ誰一人着たことはない(苦笑)
お義姉さん達まだ持っているかな~
いつ「私たちキャンディーズになるわよ」と指令をうけるかわからない…念のためとっておこう

結局、境界線を決めてもあまり捨てれず、
モノがあふれる原因は自分のものだけではなく
人からいただいたものや、思い出のあるものもたくさんあるんですよね~
そこに境界線をつけるのはと~っても難しい!
そう思うと誰かにモノを贈るときは、慎重になりますね。
[PR]
# by nakao-shop | 2011-11-21 22:55