<   2018年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

昨夜からぼたぼたと降っていた

みぞれ混じりの雪。


朝カーテン開けると綺麗な白銀の世界。

道路はガチガチで事故が心配だったり、

大雪よる災害というものもあるけれど、

この美しさは自然からのギフトですね。


d0171222_12430863.jpg


本日定休日(富谷店)


お店に立ち寄って、夫が事務所で仕事している間、

ぽつーんと一人でお店にいながら、

ここが私にとって一番心地良い空間だと

味わってます。


それは、毎日笑顔でお客様を迎えてくれるスタッフ、

そして足を運んでくださる

お客様が育ててくれた空気なのだと

本気で思っております。


そんなこと考えながら、何だか

ジーンとしてしまった。

四十路を過ぎた頃から涙もろい。


これからも、もの行き来だけじゃなく、

人が集まりたくなるような皆さんにとっても

「心地よい場」がここであれたら

こんな嬉しいことはありません。


[PR]
by nakao-shop | 2018-02-28 12:01

平昌オリンピックも終わり、

始まった頃は乗り切れてなかったくせに、

いつの間にか日程表追いながら、

すっかり応援団の一人。


最近まで、

体の耐久力というものは、年齢と共に力尽きていくって、

ネガティヴ感たっぷりでいたけど、

今回メダルをとることができなかった、

私と同じ年の葛西選手。

もう既に次のオリンピックを見据えていて、

耐久力の衰えを年齢のせいにしている

自分がちょっと恥ずかしくなったり。


いくつもの感動をくれた冬季オリンピック。

メダルの数も過去最多とのこと。


「こいつぁ、春から縁起がいいやぁ~!」


なんて勢い受けて、

2018年がいろんな意味で良い年になりますように。


本当に選手の皆さんお疲れ様でした。


まもなく3月、どなたにとっても慌ただしい月ですね~ 

「新しい」「変わる」「動く」--------------

パワーを感じて悪くない!


私もがんばりましょう~ 



[PR]
by nakao-shop | 2018-02-26 10:46

娘の誕生日。

16年前、娘が生まれた日。


出産は夫も立ち合う予定でしたが、

陣痛が起きた途端、風邪引いたとまんまと逃げられ、

それから33時間の難産。

一人耐え抜いて途中記憶がないけれど、

3460g!娘が初めて

プクプクとした姿で私の元に現れたときの事は、

今でもはっきりと覚えているなぁ。


当時先に産まれた3歳の息子が

可愛くてしょうがない親バカな時期だったけど、

次に産まれた娘はまた別モノの可愛さで!


愛って底なし。


最近までジャージを愛して止まなかった娘も、

スカートを履き始めたり、お化粧もするようになったり

だんだん色気付いてきた。

親からどんどん離れていく娘を寂しがる夫。

それをウザがる娘の二人のやり取りが面白い。

娘が好きなチョコレートケーキ。

その上に刺さった16本のローソクを

一気に吹き消したあと、ワンホール一人で

食べる勢いな娘。


娘は食欲底なし。


d0171222_10312843.jpg



[PR]
by nakao-shop | 2018-02-22 21:42

今、無性にスリランカに行きたい。


行ったことがないくせに、あることをきっかけに興味を持って、ネットで調べてみたり、

以前購入した本を家で眺めたり、、、

子育ても落ち着いてきたので、

そんな時間もそろそろ持ってもいいかなぁと。

ひとりで行くなら英会話も勉強しなきゃ。

なんて考えるだけで、実際いつ行けるのかも、

何もプランなど立てられないというのに、

完全に脳内旅行へ出かけている。

これだけでもかなりの気分転換に

なっているのだからお安いな、私。


昨夜、ステンドグラス作家の村瀬可衣さんに

ゴールデンウィークに予定している、

個展の打ち合わせをさせてもらおうと、

連絡すると、今インドにいらっしゃるとのこと。

おっ!まさにわたしも近くを脳内旅行中!

スリランカではないけれど、インドも

一度は訪れたいと思っているお国のひとつではある。

エネルギッシュで日本の常識などまるで通じなくて

ハチャメチャだけど憎めなくていとおしい。

色も匂いも人も入り混じっていて・・・。


私の中でインドはそんなイメージの国。


ただ信仰としてスリランカ同様「輪廻転生」

という考えが常にある。

そうだからといって来世に任せればいいや~と

怠けることなく今世を生ききって

来世につなぐという考えを大事にしている

真面目なお国柄。

日本で宗教というと何かとあれこれ言われがちですが、

何か大きなことがあったときに、

心の支えがあるだけで、

ゆるがない土台を心の中につくることが

できるのだろうなと。

そのことでずいぶんと精神的な助けに

なっているのだと思います。


それは宗教ばかりをいうのではなく、

お金でもなく、日々の自分の暮らしや

自然が支えになることもあるのだろうなと。


可衣さんが帰国してから、

ゴールデンウィークの個展の準備に

取りかかるようなので、かなり作品にインドのスパイスが加わりそう。

旅のお話を聞くのも楽しみです。



[PR]
by nakao-shop | 2018-02-21 15:43

病院の待合室。

おばあちゃま同士のおしゃべり。


「あの世にはお金は持っていけないんだから、

自分の葬式代だけ残して後は

健康で楽しく生きんのよ」

診察を待つ合間にこうした名言が

聞こえてきたぞ!


メモ、メモ。


[PR]
by nakao-shop | 2018-02-20 11:00

ここ最近、しおしおと落ち込むことが多かったけど、

オリンピックの若い選手達の活躍が

眩しすぎます。

今日の羽生選手の金メダル、

そして宇野選手の銀メダル!

2人から元気を貰った人は私だけではないのでは、、、


昨日のスノボの平野選手もだけれど、

怪我からの復活。

強靭なメンタル、本当にすごいなぁ。

羽生選手の涙見ながら、人の人生は尊く美しい

とつくづく。

おばちゃん、40超えてしおしおしている場合じゃないぞ!

若い2人に背中を叩かれたよう。

羽生選手金メダル、宇野選手銀メダル。

おめでとう!そして感動ありがとう。


さて、おばちゃんも頑張るよ!



[PR]
by nakao-shop | 2018-02-17 17:50
平昌オリンピック。

先日までいまいち乗り切れてなかったくせに、
テレビをつければ何かしら競技をしているものだから
見てしまう。
昨夜たまたまテレビをつけるとスノボ決勝!
息子と同じ年の御年19歳の平野歩夢選手!

銀メダルおめでとう!
メダルの色以上に美しい技の数々。
感動と共に観戦させて頂きました。

コンクリートほどの固い氷の上に、
何回転もしながら着地!
まさに命がけの競技。実際アメリカでプロの大会で、
大怪我からの復活。
復帰は困難と言われる中で、懸命な治療、辛いリハビリ。
想像を超えるストイックな四年間だっただろう。

でも、まだ19歳!
ずば抜けた才能と人並外れたメンタル。
レジェンドと言われるまで頑張って欲しいと、
もっと見届けたいと思う
勝手なおばさんです。

スポーツっていいですね。





[PR]
by nakao-shop | 2018-02-16 16:50
今日は朝方パラパラと雪が
散らついていたけど、お昼頃から暖かな陽射し。
三寒四温というけれど、室内にいると
かえって外の暖かさが分からない。

横浜に住む友人より、
関東ではもう梅がほころび始めているそうですよ。

季節は確実に春へと動き始めているのだなぁと思う
今日この頃。



[PR]
by nakao-shop | 2018-02-15 14:42

new album

STEREO

届いたものの、CDを聴くものが我が家にはなかった(・_・;

(昨年暮れにプレイヤー故障してしまって)

さて、何で聴こう⁉︎

パソコンで聴くのもなぁ

と思いつつ我慢できずパソコンで、、、。


世界遺産のテーマソング「鳥のように」や

淡麗グリーンラベルのCMソング「SHE」など、

聴き馴染みの曲も


やっぱりいいなぁ~🎶


昨夜から放送開始しているLINE LIVE

何度も観ながら、柔らかな空気に包まれて幸せな気分。

トリオさんを囲むメンバーさんも本当に素敵なのです。


2/28まで放送してますので是非!


今年のツアーが益々楽しみだ。


d0171222_09292952.jpg



[PR]
by nakao-shop | 2018-02-14 09:25

チョコを渡す人と言えば、

夫と息子くらいですが、それでも息子は

お付き合いしている彼女さんだったり、

夫はスタッフからいただいたりするので、

私からはたしているかな?

息子が小、中学生くらいの頃は、

お友達同士で「チョコいくつ貰った?」

なんて競い合って親、妹の分も

しっかりカウントしていたようだったので、

一票投じるようにチョコを渡してあげていたけど、

そんな気を使わなくてもいい歳になり、

私自身もすっかり女子力低下というのか、

どこか買いにいこうという気持ちも沸かず。

今年からいいかな、、、と毎年思いつつ

ホワイトデーに何も期待できないと

いうのも寂しいという、変な計算が働いて、

結局、娘に託し買ってきて貰うことに。


が、


完全に父の分は確実に自分の口へと

入るだろうと想定した、見た目より

美味しさ重視といった魂胆見え見えセレクト!

ついでに、友チョコまでちゃっかり買ってくるし。


何だか誰のための何の為のバレンタインなのか、、、

若い頃はチョコも選ぶワクワクやそれにかける

思いを持って、デパ地下へと飛び込んで行ったけど

(作ったことはございません)、

既婚者となっては、何とも中途半端な行事となったなぁ。




[PR]
by nakao-shop | 2018-02-13 10:18