第二の人生⁉︎

子供達がどんどん自立して、

寂しがる夫。仕方ないのですよ。

子供を自立させるまでが親の務めなのですから!

いつまでも親の財産あてにしながら、

(あてにされてもありませんが)

いつまでも家にいられた方が困ります。


そんなこと思いながら、昨夜布団の中で

第二の人生というのか

子供達が自立してからの私達の暮らし方を

ひとり妄想。


今のお店をずっと続けていければいいけれど、

さすがにおばあちゃんになってまでは

難しいかなぁ。


いつか区切りをつけるときがきたら、

どこかに、小さなカフェでも開いて

短髪で白髪のおばあちゃんが、

散歩に立ち寄るお年寄り相手に、

夫と二人でコーヒーを

淹れているのもなかなか良いもんじゃないかなと思ったり。

建物は清潔感のある古民家で

入り口は引き戸になっていて、

私とおしゃべりできるように、

カウンターがあったり。。。


数年前、NHKのドラマで放送してた

「紅雲町珈琲屋このみ」

(一話だけでしたので記憶されている方は

少ないかもしれませんが)

富司純子さんが演じるお草さんが営む

珈琲屋さんみたいなお店が理想!


おユキさんなんて呼ばれながら、、、

楽しい妄想がムクムクと広がって、

ワクワクしてきた。





[PR]
by nakao-shop | 2018-03-17 13:53