<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

方向音痴全開に、いつものように
フラフラと中目黒で道に迷っていたら、
素敵な佇まいのカフェ。
黒い格子の大きな窓の奥には
焼きたてのパンやスコーンが
ホクホクとたくさん並べられ、
吸い込まれるように入った店内は
入った瞬間、ズドンと完全に心を撃ち抜かれた。

2階のカフェの中央には
アンティークの木馬が置かれていて、
壁際に本が詰め込まれた大きな棚。
一つ一つバラバラなアンティークのテーブルやイス。
店内に差し込むやわらかい光に
気持ちがふうぅっと開放されるようで
気持ちがいい。
なかなか味わったことのない空間に
しばらく方針状態。

そして、運よくフランス人の
カフェのオーナー、シルバさんに
お会いしていろいろお話を聞かせてもらいながら
たくさん刺激を受けて
人生観まで変えられたよう。

道に迷っていたことなど、
すっかり忘れそうになりながら
なんとかその後
目的地には無事着いたけど、
結局逆方向に進んでたわたし。

いつもなら自分を責めるところだけど、
今日はいいご縁ができたと、
初めて、方向音痴な自分に感謝。
[PR]
by nakao-shop | 2013-03-29 20:09
保育園育ちの我が家の子供たち。
下の娘は卒園するまで、
朝送って行くと別れ際は必ず
グダグダと私から離れられずにいた。
そんな娘を振り払い、
去り行く私の後ろ姿を
寂しげに目で追う娘に

「強く生きろよ」

と、軽くうなずく。
そんなやり取りを、
保育園時代は毎日
繰り返していた。

そんな娘も4月から6年生。

今日、娘がニュージーランドへ
語学研修へと旅立った。
10日間と短い期間だけど、
一人で海外にやるのはもちろん初めて。
娘以上に私が寂しいやら、心配やら。

先程、成田空港まで送って行き、
別れ際、堂々と
ゲートへ入って行く娘を見ながら、
逞しくなったなぁ
嬉しい半面、やっぱりちょっと寂しくて、
見えなくなるまで目で追っていると、
ちょっと娘が振り向いたので
慌てて手を振るもニヤリともせず
行ってしまった。
そんな娘の姿に今度は私が

「強く生きろよ」

と言われているようで。

そんな私を元気付けるかのように
東京は桜が満開ですよ~
やっぱり日本が一番いいなぁ!

d0171222_1243239.jpg

                     
[PR]
by nakao-shop | 2013-03-26 13:53
空も澄み渡り、空気が気持ち良い。
大橋トリオの新しいアルバムを車で聴きながら
お店へと車を走らせる。

最高!

ここのところ、忙しいことがつづいた。
忙しいときは他のことを考えない、というのが
いつものわたし。

猪突猛進。

同時に起きていることに目をつぶり、
気がつかなかったことにして。

今日は子供達一年を締めくくる終業式。

今年度は私も一年間中学校の役員でした。
引き受けたときは、今年の予定を思えば
引き受けられる場合でもなかったのに、
なんだかね、してみようかな、
という気持ちになって。

役員会や学年行事の打ち合わせなど
時間を作るのに少し苦心したけど、
珈琲飲みながら打ち合わせしたり、
お疲れ様会で最後に皆でランチしたり…
意外と楽しかった。
猪突猛進の私も
役員の仕事はふわりと超えられたような気がする。

4月から新年度。

また、子ども会の役員を引き受けてしまった。
(引き受けざる得ないのだけど)
新年度も、忙しくとも日々を平静にこなし、
ふわりと超えてみたい。

猪突猛進ではなく…。

寄り道したり。

まわり道したり。
[PR]
by nakao-shop | 2013-03-22 11:42
久しぶりの日記更新。
いや、週記ですね。

家の近くの桜並木の木々達も
枝先をふっくらと膨らませ
ピンクのアーチができるのももう少しと
ワクワク♪
東京も桜の開花宣言が出たので、
もう少しですよ♪

今日はかわいい袴姿の御嬢さん達が
歩いていると思ったら、小学校の卒業式。
子供たちより親御さんの方が
特別な思いだろう。
そういえば、昨日の着付け教室でも
今日の日のために
おさらいに来ていたお母さん達がいたなぁ。
子供を送り出した後、髪をセットして、着付けして…
なんて、段取り一生懸命考えてたっけ。

来年はいよいよ娘の番。私の番?
「卒業式は袴着る?」と聞くと
「絶対無理!」
制服のスカートですら今から憂鬱な彼女。
袴なんて着るわけもなく…
私だけでもピシッと着物着れるようにがんばろう!

最近、息子も娘も難しいお年頃のようで、
目の前の楽しいことよりも、
優先させなければいけないことが
増えてきて、葛藤の毎日。
イライラしながら闘っております。

卒業式はその闘いの一区切りなのかも。

イライラした分大人になるんだろうけど
いわゆる反抗期。
突破するまで親も必死です。

「あなたも相当だったわよ」なんて
母の声が聞こえてきそうだけど。
[PR]
by nakao-shop | 2013-03-18 10:59
仕事で近くに来たので、
学芸大学にあるおいしいパン屋さん「mサイズ」
で、パンを購入。
仙台へ戻るまで、日にちがあるので、
なるべく日持ちがするものしか
買えなかったけれど、
オリーブを付けて食べると
メチャクチャおいしい!

お買い上げ金額、777円とこれまた縁起がよく
オーナーのお姉さんと二人で感動!
なのに、5002円なんてややこしく
お金を出してしまうから、お姉さん少し混乱。

ごめんなさい。

いつもベレー帽被った感じのいいお姉さん。
他にもお勧めのお店を尋ねると、
お客さんで来ていた、
ロミさんのお店のスタッフさん巻き込んで、
情報交換。
ロミさんというとジャムがおいしいお店。
学芸大学と鎌倉に2店舗(私の知る限りは)
パンを買ったのでジャムも買いに寄りたかったけど
時間がなくて残念。
鎌倉のお店は、
フランスにあるような素敵な佇まい。
ジャムもとってもおいしいので、
是非、鎌倉へ行ったときは
寄ってみてください!

そして、そのまま馬喰町。
今日の仕事終了で、近くの
「ともすけ」さんで、食事をしていこうと
思ったら、予約で満席。
小石を蹴飛ばすように、
トボトボとホテルへ。

今日も29654歩。

よく歩いた。
私、お疲れ様!
[PR]
by nakao-shop | 2013-03-14 21:04
昨日が震災の日なら
今日は原発の日。

今朝息子に原発はYes?No?
問いてみた。
すると、息子はあっさりと

「Yesじゃない」

理由を聞くと
日本の経済の推進のためには
原発はなくてはならないし、
もう二度と同じような事故は起きないんじゃない。
ということでした。

うぅぅぅぅん

推進ってなにを?
豊かさってなんだ?

風力や地熱。そんな自然エネルギーで作った電気で
暮らしたいよね。

放射能が海に流出してたなんて信じられないよね。

何にもしてないのに、突然
故郷からだされるなんておかしいよね。

大事に大事に守ってきた
田畑から取れたお米や野菜が食べれないなんて
そんなの悲しすぎるよね。

家族がバラバラになったり、
お友だちに会えなくなるなんて、
辛いよね。

絶対に安全と言われてた福島で
原発事故が起きて、「絶対」とか「永遠」というのが
必ず約束されているものではないというのが分かったよね。

当たり前の生活が、
どれだけありがたいものか
身をもって感じたよね。

息子よ!

箇条書きにしたひとつひとつは「点」として在って、
それをつなげて線にしていけば
その線の先に明るい未来がきっとあると
母は思うよ。
[PR]
by nakao-shop | 2013-03-12 22:34
グッと気温も下がって、
今朝はチラチラと雪も舞っていた。

2年前の今日もこんな風に寒かったな。
あれから2年が経ったんだ。
「まだ」なのか「もう」なのか
置かれている状況で思いはさまざまだと思う。
自分はどちらなのかよくわからないけど、
先日息子のサッカーの試合で七ヶ浜へ行くと
グランドの横の大きな瓦礫の山を
目にしたときには、「まだ」という思いしかなかった。

14:46

母と一緒にいた私、母と黙祷。

忘れません。

一日も早くあの瓦礫が撤去され
そこから希望の光が差し込むことを願って、
そして、被害にあわれて今なお、
大変な思いをされている方々が、
少しでも心穏やかに過ごすことができますように…

祈ることしかできないけど、
被災地へ向けて祈ることで波動となって、何かに
繋がると信じて祈ろう。
[PR]
by nakao-shop | 2013-03-11 23:40
最近、お店で赤ちゃんをお見かけすると
以前は、わが子と重ね合わせ
こんな頃もあったぁなんて思いながら
微笑んでいたけど
最近の私は微笑み方が変わってきたような
まるで孫を見るような
自分の表情に気づかされる時がある。

子育てもひと段落した今、
もう孫を楽しみにする年齢に差し掛かっているのかも
なんてドキッとする。

今日で息子も14歳。
ヨチヨチと歩いていた頃が懐かしい。
今では身長も170センチの私に追い付きそうだし、
足も27.5センチと玄関をかなり陣取っている。
態度もどんどんでかくなって
母の存在はもはや飯炊きというだけのよう。
成人といわれる年まであと6年。

本当にあっという間なんだろうなぁ

寂しいけど、家というのは
人が入りやすくて、でやすい場所であるべきだと思う。
入りやすいとは、訪ねて来てくれた人が
何度も訪れたくなるようなくつろげる場所という意味で、

出やすいとは、家の者たちが
出かけるときには気持ちよく送り出し、
そして子供達が巣立つときにも
優しく肩を押してあげるということ。

来年はいよいよ息子も高校受験。
巣立つための準備が少しずつ始まる。、
私も肩を押す準備、そろそろ始めないといけないのかも…
[PR]
by nakao-shop | 2013-03-10 22:45
暖かくなりましたね。
「春眠暁を覚えず」
まばたきする度、そのまま閉じてしまいそうな瞼を、
必死に持ちあげてます(笑)

春の陽気に誘われるように
これから、なかおでも展示会盛りだくさん。
3月は岩谷箪笥、4月は八巻さんの藍染め、
5月はkayoさんritsuさんのse calmer展

考えなきゃいけないことも盛りだくさんで頭の中が忙しい。
うとうとしながら
頭の中はざわざわしている。
うーん。深呼吸してひとつひとつ整理していこう。

折り込みチラシで展示会の
案内を載せてもらうため
うちの担当のHさんに来てもらって
打ち合わせ。
もう、かれこれ5年ほどのお付き合い。
だいたいこちら側が言おうとしていることは
すぐに感じとってくれるので
今では信頼できるありがたい存在。

Hさんは2歳の男の子のお母さん。
そのK君の話が楽しいんです。
K君がハマっているもの。
それがアンパンマンでもトーマスでも
車でもなく…

大仏!!

サンタクロースには「けさ」をお願いして
お花屋さんに行けば「蓮の花」を探し
保育園では大仏図鑑を持ち歩く。
半端ない大仏マニア。

2歳のちびっこが中尊寺や鎌倉のお寺巡りに
大喜びで大仏の前で20分うっとり(笑)

最近では「ゲゲゲのきたろう」に
ハマり出したそうで、
黄色と黒のベストを着ながら
検診で職員の方に

「お名前は?」

「きたろうです。」

「…」
「もう一度、お名前は?」

「きたろうです。」

「お父さんのお名前は?」

「ねずみ男です」

きゃははは(笑)最高~

春からはキリスト教の幼稚園に通うそう。
どうするK君!
今後もK君から目が離せない(笑)

K君の話を聞きながら
ざわざわしていた頭の中が
少し落ち着きを取り戻したようで
K君、神様のお導きかも…なんて本気で思ったり。
[PR]
by nakao-shop | 2013-03-07 22:01
今日はいつもより早起き。
キッチンの窓を全開にして大きく深呼吸。
うぅぅ~ん❤ひんやりとした空気が気持ちがいい。

陽が昇るとともに働いて
陽が沈むとともに眠る
なかなか難しいけど
気持ちだけはそうありたい。

今日も気持ちのいい青空。
ようやく寒い冬を脱し、
春めいてきて、なんだかソワソワ。

九州の窯元で働いていたころ
社長がこの時期になると
ソワソワしはじめて
終了時間の5時になると
軽トラの荷台に皆を乗せて
山菜採りに連れて行ってくれたなぁ
セリやたらの芽
採ってくるとその日のうちに
お母さんが天ぷらにしてくれて。

きっと、その頃のソワソワ感が
今でも沁みついているのかも…
そろそろまた皆で
山菜採りに出動している頃かなぁ
[PR]
by nakao-shop | 2013-03-05 22:28