<   2013年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ホテル近くのスタバークス。
毎回朝食はこのスタバでとるので、
すっかり顔馴染み。
スタバのお姉さんに
「今日は気温17度まで上がりますよ~!
いってらっしゃーい」
と、爽やかな笑顔で、
送られて、東京も捨てたもんじゃないなぁ

今日からぽかぽかと
暖かい東京。
タクシーで浅草橋を通ると、
商店街に造花の桜が
たくさん咲いていて、
タクシーの運ちゃんと
「満開だね~」
なんて、冗談いいながら
造花であっても
春の日差しを浴びながら、
桜を見るとウキウキ、ワクワク。
あちこちに、
「桜の開花宣言まであと、25日」
なんて、ビラも張られていて、
ますますワクワク。

夜は友人のはるちゃん誘って
一緒にご飯。

今日は春満載な一日だったなぁ
[PR]
by nakao-shop | 2013-02-28 23:45
明日で終わり。
冬に逆戻りすることなく、
このまま春へと向かいますように。

今日は東京。
東京へ向かう新幹線の中は
眠ってよし、
本を読むもよし、
音楽聞くも聴くもよし、
と、何気に楽しみ。
今日はスタバでコーヒー買って、
本でも読もうと乗り込んだ。

席は二人掛けの通路側。
新幹線が走り出しても
窓側の席の人が現れないので、
ラッキー!
と窓側に移ろうと思ったら
「すいません」
と20代のスーツ姿の男性が現れて

心で(ちぇっ!)

膝を横に倒して、男性を通すといそいそと
パソコンを開き始め、
左手には携帯。
パソコン打ったり、携帯打ったり…。
まるで、キーボードを叩く小室哲哉のよう。

惑わされるまいと
私も本を開くも集中できず。

そのまま東京駅に着いたときには
私が一仕事終えたようになんだか
どっと疲れてしまった。

トホホ
[PR]
by nakao-shop | 2013-02-27 19:45
何か楽しい夢を見たようで、
内容はあまり覚えてないけど
自分の大笑いする声で目が覚めた。
隣で寝ている夫は慣れたものと
寝続けていたけど…。

今日は仕事帰りに、
いつもいくお風呂屋さんが
いよいよ明日で閉館ということで
いつものメンバーと
最後のお風呂会合。

はぁ~、未だにここがなくなるなんて
信じられないけど、
どんどんメニューのお料理が品切れて、

本当に終わりなんだぁ

ママが作ってくれた特別メニューのチャプチェや
チヂミ…どれもこれもここでしか味わえない味。
私も久しぶりにグイッと飲んで
ほろ酔い気分。
美味しい料理も久しぶりのお酒も
今日は特別心に沁み渡ったなぁ。

お腹が満腹になったところで
最後のお風呂に浸かりに。
昼間まで今季一番の大雪というのに
ほとほとうんざりとしていたけど、
お風呂に浸かりながら雪景色を見ていると
なんとも言えず気持ちが静かになっていく。
最後の日に相応しい最高のロケーション。

お店の終わりがけに
ママや従業員さんや
常連さんと皆でYちゃんが用意してくれたケーキを
囲んでお疲れ様会!
ジャージ、どすっぴんで初めてお会いする人
もたくさんいたけど、
これがお風呂屋さんの醍醐味なんだよなぁ
なんて最後の最後に改めて思わせてくれて。

本当にほんと~に長い間お疲れ様でした。
そして、たくさんの思い出ありがとう。

帰る頃にはすっかり体も冷え切って
帰ってからまたお湯に浸かりたかったけど
久しぶりに飲んで頭がんがん。
お風呂はあきらめて
湯たんぽ抱っこしてお布団に入りながら
反芻。
[PR]
by nakao-shop | 2013-02-24 14:23
小学校のころの旧友たちと
持ちよりご飯。
近くに住んでいても
そんなに頻繁にあったり
連絡を取り合うわけじゃないし
30年という付き合いのなかで
皆が、ずっと仙台にいたわけでもないけれど
つきあいというのは
時間とか頻度とか距離とか
そんなもので単純に計れるもんじゃない
とうのが、みんなとの付き合いのなかで
感じるところ。
そして小学校からの付き合いというだけで
家族同様の安心感がある。

お互いの相談ごとも
小学生のときは好きな男の子の話から、
中学校になると部活や友達のこと。
高校になると進路のこと、
社会人になって結婚のこと
子供が生まれて子供のこと
そして、現在。

今日も夜遅くまでいろんなことを
話をして…

四十路になった今
20代、30代のときのように思い描いていた
青写真が無気味になって、
人生の転換期といおうか
みんな第二の人生を切ったように
抱えている悩みも漠然とした将来の悩みから
より現実的で切ないものになってきた。
そうしたものに心を囚われながら
日々を強く生きている友人たちを
よりいっそう愛おしく思えた。
[PR]
by nakao-shop | 2013-02-23 23:40
2月22日(ニャン×3)猫の日。

そして、今日は娘の誕生日、
2002年2月22日(ニャン×5)生まれ。
誕生日は猫づくしだというのに、
猫は苦手な娘であります。

今日は久しぶりに山形店へ。
お店の前に積まれた雪の山を見ながら

今年も大変でしたねぇ~

と労をねぎらう。
今日は山形もポカポカと暖かく
調子に乗ってお店の前に
ビオラを植えようと苗木を買ってくると
お店のスタッフに
「まだ2,3回大きいのが降ると思いますよ」
の言葉に命拾いしたビオラ達。

そうよねぇ、考えてみればまだ2月。

けれど、久しぶりに山形店の店内に
お花を生けながら
ふわふわほのぼのした気持ち。
春がグッと近くなったよう。

はぁ~、春が待ち遠しい!
[PR]
by nakao-shop | 2013-02-22 17:47
息子が2,3日前から腰の痛みを訴える。
成長故の痛みかと
お風呂上がりにマッサージしてあげたり
整骨院にも行ってみたけど
あまり良くなる様子もなく、
「病院に行きたい」
と訴えてくるので
ちょっと心配になって、今朝一緒に病院へ。

お医者さんが、レントゲン写真を見ながら
ベットに横になっている
息子の腰に手をあて
ひねったり、股関節を曲げたり
前屈させたり…
そのたび脂汗かきながら苦しそうな表情な息子。

お医者さんも
ダメだなぁ、ダメだなぁ

何がダメなんだろうか。
やっぱりどこか悪いんだろうか。
心配になってきた。

「お母さんおかけください」
お医者さんの表情をうかがうように腰をかけると。
「息子さんは…全然問題ありませんよ。
問題なのはサッカーやっているわりに
体が硬すぎます。
これがすべて体の故障の原因です」

えっ!なんですと!?
苦しそうだったのは体の硬さ故!?
思わず本人も苦笑い。
お医者さんの「ダメだなぁ~」
という言葉は、曲がらなくて「ダメだなぁ」
ということだったようで…
診察前の長い待ち時間は
なんだったのだろうか?
私達の後に診察を待っているお年寄り達にも
心から申し訳ない思いがした。

彼の腰痛に必要だったのは
私のマッサージでも
整骨院の治療でもなく

柔軟な体と強い心のメンタルだったとは。
[PR]
by nakao-shop | 2013-02-20 21:52
昨日、東京の友人から

梅の花が咲いたよ~♪

とメールがきたというのに
仙台は今日も雪(富谷町だけだろうか?)
ここまで厳しい寒さが続くと
気持ちがたっぷりまぁるくなったようで…

それでも、時折射し込む日射しから
春の気配を感じて、
お店の前の植物もそろりと動きだしているような。

d0171222_1722113.jpg


厳しい寒さを乗り越え、
いっそう地面に力強く
根付いた植物たちが
今年はどんなふうに色づいてくれるのだろう。
ちょっと楽しみ❤
[PR]
by nakao-shop | 2013-02-19 17:15
愛車の赤いシエンタ。

d0171222_1718986.jpg


購入する前から車を買うなら
色は赤!と決めていた。
実際、赤い車というのは目立つようで
いつもいろんなところで目撃情報が
寄せられ、少し恥ずかしさもあったけど
スライド式のドアは子供たちの車の開閉に
安心だし、母の車椅子も楽々乗せられて
申し分なかった。

娘の誕生とともに
初めて自分の愛車となったシエンタ。
毎日、保育園の送り迎えや
スポ少の送迎、仕事の行き帰り…
いつも行動を一緒にしてきて、
かれこれ10年のお付き合いになるけど
最近、いよいよガタがくるようになってきた。
急にエンジンがかからなくなったり、
ステレオが壊れたり、
どこからか変な音がしたり…

そろそろ

思い切って手放すことにした。

お別れ。
と一旦決めると
人同様にいろんな思い出が蘇ってきて
急にさみしくなってくるもので。

息子のサッカーのスパイクで空いたマットの穴や
シートのシミ、母の車椅子の
出し入れで付いた傷も愛おしく感じる。

今日、営業の方が代車と引き換えに
シエンタを引き取りに来るということで、
今朝早く洗車場に行きピカピカに
洗って車内も掃除機をかけて
きれいにしてやった。

営業の人に鍵を渡すときには
ずっとかわいがっていたペットを
手放すような
なんだかとっても悲しい気持ちに。

事故もなく子供たちの成長をともに
見守ってくれたシエンタよ
本当にありがとう❤
[PR]
by nakao-shop | 2013-02-18 16:43
5月にROOMSで行う
「se calmer展」
の打ち合わせ。

se calmerといえばkayoさんのレザーの
小物はご存知の方もたくさんいらっしゃると
思いますが、今回はse calmer「ritsu」さんの作品も
同時に展示してくださるということで、
私もかなりテンションあがってます。

ritsuさんの作品というと
細い糸で刺しゅうされた
ヤドリギのボタンやきのこのボタンが
私のお気に入り。
ため息がつくほど繊細で
キュンとなるほどかわいいくて…

d0171222_17285327.jpg

d0171222_1729913.jpg

お二人の作品のヒントはいつも
山の中にある。
お二人&ほのかちゃん(ritsuさんのお嬢さん)
と三人で山へ行って
自然の中に転がっている
かわいいものを拾い上げて
作品にされているそうです。
そんなお二人の自然とのお付き合いの
中で生み出される作品は
自然の恵みをそのまま
作品に重ね合わせたような
心が安らぐモノばかり。



se calmer(フランス語で「心落ち着く」という意味)
の由来を聞くと、
まわりにいる友
まわりにあるモノ
触れるモノ
薫るモノ
が、心落ち着くものだったらどんなに素敵だろう…
とお二人の思いや願いが込められているそうです。

そんなお二人の
優しい心の集積が作り出す
「se calmer展」
私もとっても楽しみです。
また、詳しい詳細はHPでご連絡しますね。
[PR]
by nakao-shop | 2013-02-15 22:33
今年も本命チョコを用意することなく
義理チョコというのか
友チョコというのか…
そんなようなチョコを
20個も用意していた娘。
学校から帰ると、
「〇〇ちゃんが本命チョコ渡してた」
って、驚くように私に報告するけど
そもそもバレンタインはそういうもので…
娘もそんなチョコを用意する日が
くるのだろうか
全くイメージできない。


人間ドックの結果が出た。
引っかかるだろうなぁ
と思ってたところは、
予想通りだったけど
特に目立って大きく悪いところはなく
とりあえずは良しといったところ。
健康であることの有り難さに
あらためて感謝。

病院からの帰り、スタバでちょっと一息。
すると、20代のおぼしき女子同士が
スタバで友チョコ交換。
ん~ん、実際横目にしながら、
男の子にドキドキしながら
告白チョコっていうのもいいけど、
友情の証しチョコってのも
なんだか微笑ましいかも❤

娘の塾のお迎えに行った帰りには
二人で息子と夫へチョコ選び
夫へのチョコを選ぶときは
どの道、娘と私の口の中へ
運ばれることと計算の上
「どれにする~❤」という目つきが
なんだかおかしい。

しかし、今日は夫もスタッフから
チョコをもらって御満悦❤

息子は…(…)

今日は、何やら私にも小包が届いた。
チョコ??
開けてみると、元スタッフのKちゃん。
吉祥寺で素敵なお店を見つけて
そこで私のために選んでくれたという
かわいい陶器の小物と
いつかまたフランスに行きたいという
私の熱い思いを知ってか
フランスのかわいいお店が詰まった本など
が入っていた。

きゅ~ん❤
思いがけないサプライズな贈り物に
言葉にならないほど嬉しくて
モヤモヤな気持ちがすっきり吹っ飛んだ。

チョコをもらった世の男子同様、
なんだろう今日は私が一番
ホットなキモチになってる気がする。
[PR]
by nakao-shop | 2013-02-14 23:38