<   2012年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今日は義父の誕生日
プレゼントは毎年嫁が3人いるので
当番制で用意する。

今回は私の番。
すっかり、忘れてて慌てて
出張から帰った足で駅ビルに駆け込んだ。

ただでさえ、人への贈り物は悩むのに
お義父さん、うぅぅぅぅ~ん、何も思い浮かばず旦那にヘルプ。

「わからないよ~」と一言

何かヒントだけでも…(汗)

結局、店員さんに相談にのってもらいながら決定

●いつも「おはよう靴下」(穴の開いた靴下)
を履いているので、靴下3足。
●ぷっくりお腹も計算に入れ
サイズ大きめにピンクのポロシャツ
●軽くて履きやすいサンダル

夜、電話がかかってきて「プレゼントありがとう」
と、お酒飲みながら、かなりご機嫌❤
先日、電話かかってきたときにお父さんの説教聞きながら
うわの空でテレビを観ていたのがバレて、怒られたばかり。
ふぅぅぅぅぅ
名誉挽回助かった❤

御年80歳。
「まだ、年寄りじゃなかっ」っと頑張っている義父。
車に若葉マークさえ嫌がる。
車の運転に関しては、助手席に乗る人も命がけ
日本は左側通行なのにお義父さんは真ん中通行!
カーブになるときはクラクションブッブッ!ブッブッ!
と派手に鳴らしながらまるで暴走族。
今まで事故がなかったのが不思議だ。

曲がったことは、すべてまっすぐにしようとするものだから
意外と周りの人は大変だったり…
(お母さんは特にご苦労も多かったのでは)
以前に「棺桶入っても突き破って出てきてやる」
なんて言っていたけど、ほんとにやりそう…(汗)

考えてみると、最近とっても品がいいおじいちゃま、おばあちゃまが
多くて、こういう傲慢なおじいちゃん(いわゆる雷おやじ的な)
あまり見ない気がするな~

戦争を生き抜き、貧困の日本を掻い潜ってきた
者の強さなのだろうか。

まだまだお元気!!
これからもお手やわらかに!
[PR]
by nakao-shop | 2012-05-31 22:37
お店にK太ばあちゃんから電話

「お野菜が採れたよ~帰り寄りなさ~い」

ひゃっほ~♪待ってました!

d0171222_11435741.jpg


今年はなんだかお庭で自家菜園も、
腰が重くてなかなか動けずいたけど、
K太ばあちゃんからいただいた、
採れたての絹サヤや瑞々しいレタスを
食べて急にやる気になってきた!
料理は愛情というけれど、
畑から愛情を加えると
おいしさい+とっても贅沢なものに感じてしまう。

絹サヤはお味噌汁と和え物、
レタスはお肉を巻いたりサラダにしていただき
口福♪ 口福♪

今年は我が家の畑には何を植えようか
腰がまた重くなる前に、帰ってから
娘と畑会議しないと!
[PR]
by nakao-shop | 2012-05-30 22:35
気が付くとブログを更新しないまま
一週間も経ってしまいました。
時が経つのが早い早いと感じながら
最近は追い越されそうな気さえします。

先日のできごと。
娘がいつもの癖でクロックスを履いて
学校へ行ってしまいました。
幸い、体育の授業がなかったので
その日はなんとかやり過ごしたそうだけど
何をやっているのやら…
思い起こせば、お兄ちゃんも
パジャマ着たまま、ランドセル背負って
学校行こうとしたことが何回かあったなぁ
性格はまったく正反対でいつもケンカばかりしているけど
やっぱり兄妹、やることは似ているようだ。

今日は仕事で朝早くに新幹線に飛び乗って東京へ。
新幹線に乗った後、ふっと自分の足元を見ると
サンダルを履いてた私!!
先日、娘が学校にクロックスを履いて行ったことを
思いだし、おっちょこちょいは私発信だったのだと
今さら気づき、子供達に申し訳なくおもいつつ
人間、ちょっと抜けているくらいがちょうどいい
なんて開き直ったり。
自分の足元見ながら
おかしくなって、ひとりでニマニマ


市場、骨董市、蚤の市、…市というのにどうも弱い
お祭りが好きな人がお祭りが近づくとソワソワ
するように、私もゾクゾクしてくる。

京王多摩川で行われている蚤の市。
2,3日前からゾクゾクがはじまった。
前日、友人宅にお呼ばれで帰りは午前様だった
にもかかわらず、目覚ましより早く起きて
洗濯干して、ご飯炊いて
普段重くてしんどいと思う体がキモチがゾクゾク
しているだけでとっても軽く感じるから不思議。

蚤の市の会場へ到着。
会場へ一歩入ると(サンダル履いて(笑))
たくさんの人。
すぐに私のアンテナがあちこちに反応して
どこから見ていいのやら…
少しキモチを落ち着かせ
一か所一か所じっくりと見て回ることに
西洋アンティーク家具や古本、日本の骨董品
レースや刺繍の布もの。
全く興味のない人にはジャンクなものに見えるかも
しれないけど、私にはお宝が
笑いかけるように並んで見える。

どうして、ワタシが古いモノに惹かれるかというと、
モノにまつわるストーリーは、手にした瞬間
終わるものではなく、使いながら日々の暮らしを積み重ねて
どんどん膨らんでいくようにも思うのです。
なんどもなんども人の手に渡るたび
膨らませたモノたちが、傷やシミを付けて
いろいろなストーリーを経て自分の手元にきたと思うと
なんともロマンチックな感じがして
ゾクゾクすると同時に温かな気持ちになる。
そして、これから私が手に入れたモノをどのように使おうかと
また、自分なりのストーリーを作る楽しみが湧いてきたり…

私のシミが増えたところで、それを誰も素敵と思ってくれる人は
いないけど、シミひとつひとつがアジっと思える
アンティークの世界ってなんだかやっぱり素敵。

いろいろ刺激を受けて、またいろいろ勉強して
いつか、本場の蚤の市に行ってみたいなぁと
夢が膨らんだ一日でした。
[PR]
by nakao-shop | 2012-05-29 17:44
norioさんのイベントもそろそろ終盤。
今日は夜norioさんと一緒に
天ぷらを食べに行きました。
カウンターの上のお皿に
山の幸、海の幸の揚げたての
おいしいものが次々に盛られ

満漢全席か! ってくらい食べました!

山の幸も海の幸もこんなに美味しく
味わえるのは天ぷらだけかも!
楽しい会話で心もお腹も満腹

はじめは、仙台といえば牛タン!ともおもったけど
ゆっくりお話もできたし、norioさんも喜んでくれたので

よかった❤

norioさんと知りあって3年?4年?
こうしてゆっくりお話するのは初めて
いつも東京でのイベント追いかけては
ハンコ作ってもらって、

norioさ~ん、またね~!!

と慌ただしく去るばかり…
今回、ゆっくりお会できて本当によかった
よく考えると、私はお店をやっていて、
norioさんはハンコを作っている
ということ以外、お互いのことを何も知らなくて
食事しながら、まずはお互いの出身地から確認(笑)
それから、今まで旅した旅先のお話や
好きなコト、好きなモノの話
おススメのお店を教えてもらったり
お互いの夢の話も…etc

世代は違うのに、そんなことは忘れてしまうほど
同じ感覚でお話させていただき
本当に有難いことです。

いろいろ考えるとこうして
norioさんにお会いできたのも
ふとした偶然の重なりで
あの日、あの時あそこに行かなければ…
お会いすることできなかったかも
そんなことを考えながらお知り合いになれたことに
心から感謝。(あっ なんか小田和正の歌詞みたい)

これからもずっとずっとこのご縁を大切に
また、イベント追いかけて会いに行きたいと思います。
いつかNAKAOにもお越しいただける日も楽しみに❤
[PR]
by nakao-shop | 2012-05-25 11:28
金環日食観ましたか?
東京の方では少し雲がかかりながらも
ちょうど雲が切れて
なんとかきれいに観ることができたようですね。
めざましテレビを観ながら
きれいにリング状になったときには
映像から観ても感動。
宮城でも部分日食ではありましたが
観えましたね。
日食する前はワクワクしていたのに
日食が始まると、少し薄暗くなったり、急に風が吹いたり
美しさと同時にちょっと怖かったのが
正直な感想。

太陽が月に隠れリング状になる金環日食
この天体ショーを大昔の人達は
どう感じたのだろう!?

おぉぉ~!おてんとうさまが、がかけてなくなるどぉぉぉ

こんな感じに
冷静に観ていたのかな?
それとも悪魔の仕業とかそんな風に恐れていたのだろうか

太陽に月が被さるってわかっていても
普段とちょっと違う様子に
ドキドキしたのに
何も状況が知らなければもっとドキドキするよな~。
また少しずつ太陽の陽か照りだすと、
ちょっとホッとして思わず
拝みたくなりました(笑)

午後からnorioさんのイベントに顔を出しに
行ってきましたよ。
いつもと変わらないかわいいスマイルに
仙台で再会できて本当にうれしい。
さっそく、今回もたくさん作ってもらいましたよ。
来月にはすべて完成して送られてくる予定。
カードにしてお店でラッピングご希望の方に
一枚お付けしますので、
お気軽にお申し付けくださいませ。
[PR]
by nakao-shop | 2012-05-21 16:40
d0171222_1441199.jpg


ピアノの発表会
朝からとっても落ち着かない娘。
ピアノを弾いてみたり、髪型チェックしたり
私もなんだかうつってきた(汗)

発表会ではかわいいドレスを着た小さい子たち。
椅子の端にちょこんと座って一生懸命足を伸ばして
足元の鍵盤踏みながら、ピアノを弾いている姿は
本当に微笑ましく、目尻垂らしながら観ていると

娘登場!垂れ下がった目尻も
一気につり上がり緊張。

5分ほどの演奏は無事に終えることができ、
今年は目立った間違いもなく
スムーズに弾くことができ一安心。


d0171222_14412783.jpg



背筋をピンと堂々とというより、猫背で必死といった様子は、
娘らしなぁなんて思いながら、
頑張って弾いているその姿は、私には誇らしく立派にも見え、
ちょっとジ~ンとしてしまいました。

今日一日ピアノの音色に浸って
カチコチに凝り固まった頭がいっきに
ほぐれた気分。

また次の発表会、娘の成長を楽しみに…!!
[PR]
by nakao-shop | 2012-05-20 22:09
d0171222_1152373.jpg

3年ほど前になるでしょうか?
出張で東京行ったときふらっと寄った
青山にあるスパイラルマーケット
何やら人だかり。
ちょっと気になって覗いてみると、
エプロンつけたかわいい女性が
お客様と楽しそうに会話しながら
彫刻刀一本握り締め、ゴム版の上を
滑るようにさっさ、さっさと彫って
はんこを作っていました。

彼女の前に並んでいた10冊以上ものアルバムには
彼女の作品がびっしりと挟みこまれていて、
そのアルバムを見入る人たちでごった返してました。
私も益々気になって、なんとか一冊掴み取り
気づくと私も2時間、最後の方は座り込んで見入ってしまいました。

そのとき、初めて作ってもらった私の名前のスタンプ
をはじめ、それから、東京に行く度
彼女のイベントを追いかけて作ってもらい
今では50個ほどあるかな~

そんなnorioさんがいよいよ仙台でイベント。

日時:5月21日(月)~27日(日)
開催店 スミス仙台
仙台市青葉区中央1-2-3仙台パルコ2F

5月7日(月)より店頭(スミス仙台)、または電話(022-774-8241)にて、
ご予約をお受けいたします。


是非、norioさんと楽しい会話をしながら
自分だけのかわいいオリジナルのはんこ
作ってもらってみてはいかがですか!

d0171222_12183091.jpg

[PR]
by nakao-shop | 2012-05-17 12:21
お店で洋服を扱っておきながら
正直、流行りには私自身とても疎く…
すいません
二十代の頃は洋服は大好きで
ファッション雑誌で流行りをチェックしながら
毎月のように何かしら
シーズンごとに新しい洋服を購入していました。
そうなると、すぐに飽きて
着ない洋服が目につくようになり…
しっぱいを繰り返すうちにむやみに
服を購入することがなくなりました。

結局、一度も手を通さないものもあれば
姉から譲り受けた10年選手のものも。
(姉も着ていたことも考えれば、それ以上かも…)
いつの間にか、流行りを追うことよりも
自分が着ていて違和感がなく
自分らしいと思える感覚の服が
ちょうどいいと感じるようになったのだと思います。
街を歩いていても
あの人ステキ!
と目で追ってしまうようなおしゃれさんて、
流行りを意識していたり
服そのもののデザイン、色などに惹かれるのではなく
服がその人の皮膚に纏うように馴染んでいる姿に
自然に惹き付けられるような気がします。
洋服が前面にでるのではなく、
その人自身の印象が残る感覚
とでも言ったらいいでしょうか

ROOMSでもそんな自然に馴染むような
洋服に出会えていただけたら嬉しいと思うのです。
そんな風に思いながら
今から買い付けに行ってきたいと思います。
[PR]
by nakao-shop | 2012-05-15 21:18
長町スタッフ、Kさんの送別会
9月の結婚式を前に、
ご主人となる彼の転勤で、
なかおを去ることに。
ちょっと寂しくなるけど、
転勤先は成田店の近く、
成田店にはたまに遊びに来てくれるよね。

新しく入ったYさんの歓迎会を
兼ねて、みんなで焼き肉を食べに行きました。
長町スタッフとゆっくり話するのも
久しぶり。
すると、Sさん「ゆきこさんにご報告が」

おや?結婚?

「彼氏と別れて、洗濯機とレンジ購入しました」

彼と電化製品の結び付きがよくわからないけど
すべて、必要なんじゃない?

長い間、電化製品というものをほとんど
必要としていなかった彼女。
えらいというかすごいなぁ
決して、買えないから買わないのではなく
必要ないから買わないという考え
洗濯は手で洗えばいいし、
掃除は拭けばいい、
レンジは蒸して温めればいいという

すばらしい!

でも、よく考えれば、
掃除機で吸いとらなくても
拭いた方が細かいホコリもすっきり
拭き取れるし。レンジも
冷凍したごはんを解凍する程度なら
土鍋や蒸し器で温めた方が
ふっくらとしておいしい。
洗濯機は…家族四人となると
手洗いでは私の手がふやけてしまうので
頼らせていただくとしても、
当たり前に買い揃えてた電化製品も
なければないで、ひと手間加えるだけで
やり過ごせてしまうのかも。

むむっ、それにしても、ここにきて
どうして急に彼女は
電化製品揃えたのだろう?

やっぱり、便利さに敵わないと感じたのだろうか?
頑張って必要ないと貫いて欲しかったような(笑)
[PR]
by nakao-shop | 2012-05-14 23:34
短大の頃、学校や寮を
いつもきれいにお掃除してくれてたおばちゃん3人。
白い割烹着と三角巾を被って
いつも三人仲良く土手を歩いている姿は
実家から離れて暮らす私たちの癒しでした。

「たまにはさぼっちゃえ~」っとよく私の
部屋に引っ張ってきてお茶したり。

枯れ葉を集めて一緒にやきいもしたり

夏休みの長期休みになるといつも
「実家に帰る途中、休憩していきなさいよ~」
とティッシュに1000円札くるんで渡してくれた。

そんなおばちゃんは、今でも大切な私のお母さん。
卒業してから一度も会ってないけど
今でも母の日にはお花をルームメイトと一緒に送ります。

「ゆむちゃん!お花届いたよ~!」
と、おばちゃんの声を聞くのを楽しみに 

おばちゃんいつまでも元気でいてね~

またいつか会おうね!
[PR]
by nakao-shop | 2012-05-13 16:11