お江戸へ

久しぶりの東京。

相変わらず、平日でもお祭りみたいに
人で溢れかえってる。
20代前半に、3年程住んだ街だけど、
その頃より数倍エネルギーに満ち溢れている気がする。

それでも、その頃の私は若い人達が
集まる渋谷や原宿というよりは
下町情緒溢れた浅草や蔵前、
当時住んでいた巣鴨なんかが好きだった。
住まいにお風呂はあったけど、
隣が銭湯だったので、よく入りに行ったのも懐かしい。
チンチン電車に乗っての通勤も良かったな。

最近、都会に憧れて就職は東京方面を
考えている息子。
家事など全くしたことがないし、
部屋はいつも汚いし、一人暮らしなんて
想像もつかないけど、一度は出て一人で
暮らしてみるのもいい経験かと。

夫も都会に憧れて、長崎から東京に出てきた
そうだけど、夫と結婚して間も無くお義父さんが
私に話てくれた。

ユキフミが東京に行ってしっかり
生活なんてできるんだろうか、心配で
東京に出張に出たとき、ユキフミの仕事先に
様子を見にいったら、
粉まみれになって、袋詰めしている
ユキフミの姿を電柱の陰からみて、
涙が出たね〜。

若い頃は、少々やんちゃだった三男坊の夫。
さぞ、お義父さんもお義母さんも心配したことと。
しっかり働いていて良かった。
東京で夫と付き合っていた頃、
お母さんが息子の食生活を心配して、
炊飯器や食品送ってくれてたなぁ。

そんな日が私もくるのかな⁉︎
想像してたら、ちょっと寂しくなってきた。


[PR]
by nakao-shop | 2018-01-12 21:17