バレンタインのラベルを作りたいと思い、
norioさんに相談!
メールでデザインの確認しながら、
時折飛び込んでくる、一歳になる
norioさんの愛娘のwちゃんの写真。

随分、大きくなってビックリ!
子供の頃の一年って大きいですね〜。
イラストレーターのご主人とnorioさんの
子だから才能に満ち溢れているんだろうなぁ。
そんな顔してる!将来が本当に楽しみ。

norioさんの表情もすっかりお母さん。
子供ができた途端、男の人が
パパよりも、女性がママになることの方が
ずっと早いのかも。
やはり出産を乗り越えた女性は強し!
赤ちゃんの誕生と共に、
しっかり母という逞しさが自然と
身に付いてくるんだろうと。
(私のときは分かりませんが)

norioさんの柔らかで、優しい表情見ながら
なんだか私もたっぷり幸せな気持ちになった。

wちゃんの誕生日は、
norioさんの結婚記念日でもあり、
nakaoがスタートした日でもある。
norio家とは、なんか他人と思えない
運命的なものを感じる。

まだ、一度も姫を抱いてないので、
抱っこさせて貰えるうちに、
会いに行かねば。
完全に親戚のおばちゃんのような気持ち。

バレンタインのはんこも、
可愛いはんこが完成しましたよ!
お楽しみに!

d0171222_13202509.jpg


[PR]
# by nakao-shop | 2018-01-16 00:08
バスケットに明け暮れる高校生の娘。

毎日、ヘトヘトになって、
家に帰って食事を終えると、
決まってソファーで寝てしまう。
そこから、部屋で寝かせるまでが、
大変な毎日なワケで、、、

「お風呂入りなさい!」
「後、5分だけ」
「せめて部屋で寝なさい」
「おたくどなた〜?ふにゃふにゃ」

昨夜は夫に託し私はそそくさ
休ませてもらう。
するとニマニマしながら、夫が
二階に上がってくると、何やら勝ち誇った様子。

窓全開にしてきた!

下から「寒い〜💢」と怒りの声。
やれやれと下に行くと窓全開のまま、
毛布にくるまってまだ眠っている娘。

もう、庭にベッド運んでしまおうかなo(`ω´ )o

話が変わって、
最近、中年期に入り体調を崩すことが
多くなった私に、娘がお正月にお友達と初詣に
行って私にお守りを買ってきてくれた。
いまよくよく見たら、交通安全⁇
全くこれまた娘らしい。
ちょっとおもしろかったのでここにメモ。

d0171222_08264097.jpg


[PR]
# by nakao-shop | 2018-01-14 07:10

普段、ふわっとしているせいか、

人に相談されるということは滅多にないのに、

最近、珍しく相談されることが多く、

慣れてないのであまり気の利いた

こと言ってあげられなかったけど、

結局はこう思う。


sちゃんへ


近くにいる家族と必ずしも

全てを分かり合えるとは限らないし、

仲の良い友人とも意見がすれ違うことだってある。

そんなときにたとえ遠く離れている人でも

知り合ったばかりの人でも、

「そうだよね」と頷いてくれるだけで、

うずくまっていた場所から立ち上がって

歩き出せるんじゃないかと。


家族、親友、友人、、、そんな括りとも違う、
同じ方向を向いてというと、
良いものを作り上げるために、
「仲間」がいるということ。

そのことを実際の距離も時間も超えて、
静かに寄り添ってくれるようにも思う。

もし、今は一人だとしても進む
道の先にほのかに明かりが見えれば、
どこかにちゃんと仲間がいると思う。

近くても遠くても必ず!

私もこれまでの人生でそうした仲間に
救われてきたから!

そう思う。




[PR]
# by nakao-shop | 2018-01-13 17:08
久しぶりの東京。

相変わらず、平日でもお祭りみたいに
人で溢れかえってる。
20代前半に、3年程住んだ街だけど、
その頃より数倍エネルギーに満ち溢れている気がする。

それでも、その頃の私は若い人達が
集まる渋谷や原宿というよりは
下町情緒溢れた浅草や蔵前、
当時住んでいた巣鴨なんかが好きだった。
住まいにお風呂はあったけど、
隣が銭湯だったので、よく入りに行ったのも懐かしい。
チンチン電車に乗っての通勤も良かったな。

最近、都会に憧れて就職は東京方面を
考えている息子。
家事など全くしたことがないし、
部屋はいつも汚いし、一人暮らしなんて
想像もつかないけど、一度は出て一人で
暮らしてみるのもいい経験かと。

夫も都会に憧れて、長崎から東京に出てきた
そうだけど、夫と結婚して間も無くお義父さんが
私に話てくれた。

ユキフミが東京に行ってしっかり
生活なんてできるんだろうか、心配で
東京に出張に出たとき、ユキフミの仕事先に
様子を見にいったら、
粉まみれになって、袋詰めしている
ユキフミの姿を電柱の陰からみて、
涙が出たね〜。

若い頃は、少々やんちゃだった三男坊の夫。
さぞ、お義父さんもお義母さんも心配したことと。
しっかり働いていて良かった。
東京で夫と付き合っていた頃、
お母さんが息子の食生活を心配して、
炊飯器や食品送ってくれてたなぁ。

そんな日が私もくるのかな⁉︎
想像してたら、ちょっと寂しくなってきた。


[PR]
# by nakao-shop | 2018-01-12 21:17
昨日の夜から降り出した雨は
雪へと変わり、朝起きてカーテン開けると、
寒々とした光景。
昼にはまた雨が降りだして、
雪は雨で流れてしまいましたが、
これから気温も下がり、
路面も凍りますので、呉々も運転等
お気をつけください。

定休日の今日はお店に
ちょこっと寄って、その後車でぶらぶら。

最近、あれ?
さっき朝だと思ったのにもう夜なの?
と思うくらい目まぐるしく一日が過ぎていく。
それだけ日々充実してると思えば、
ありがたいことなんだけど。。。

今日みたいな雪曇りな一日は、
一日外の明るさがほぼ一定なので、
余計に時間の感覚が掴めず、
娘から「お腹空いた〜」のコールで
もうそんな時間かと慌てて帰る。

そんななんてことない一日だけど、
それはそれで、やっぱり充実した
一日だったのかも。
d0171222_14584006.jpg













[PR]
# by nakao-shop | 2018-01-10 10:29